バルーンフェスタおすすめデッキ!

おすすめデッキ

どうもタナです!

今回は両サイドからバルーンが永遠と現れ続けるこのチャレンジのおすすめデッキを紹介。

このチャレンジを攻略するポイントは、バルーンの攻撃を抑え込むこと。

相手のバルーンの攻撃を抑えていれば少しずつ自分側のバルーンが相手タワーにダメージを与えつづけてくれます。

なので、デッキ作成もバルーンを守りつつ、カウンターを狙いやすいデッキを作る事が必要です。

それが可能なデッキがこちら!

バルーンフェスタおすすめデッキ

このデッキの立ち回り方

このデッキは8枚全てのカードが防衛として活躍します。

まずは、バルーンを防がなければいけないので、最初の形作りは防衛から入るようにしましょう。

それぞれのユニット/呪文の役割はこちら。

  • ロケット砲士:基本的に真ん中で両サイドのユニットを対応。
  • ハンター/コウモリ/ホバリング砲:メインはバルーン防衛で、カウンターの際に攻めユニットとして使用。
  • ランバージャック:陸ユニットの防衛&攻めとしてバルーンと組み合わせる。
  • 巨大スケルトン:防衛からの壁ユニットの役割。
  • スケルトン部隊:陸ユニットの防衛
  • ライトニング:中型ユニットの処理&タワー削り

それぞれが担当する役割をこなしてあげればこちらに流れを持ってこれます。

ロケット砲士は守備範囲が広く、真ん中で両サイドのケアをしてくれるので、うまく真ん中で防衛してもらいましょう。

ハンター/コウモリ/ホバリング砲は必ず防衛から入ってください。

そこでエリクサーアドバンテージを取ってからカウンターユニットとして活かしていきましょう。

ランバージャックは防衛としても有効で、攻めとしてバルーンな組み合わせると大ダメージを期待できます。

巨大スケルトンは防衛能力がトップレベルなので、死亡時の爆弾を活かして、溜まった相手ユニットを一掃しましょう。

スケルトン部隊は、単発高火力ユニット(ペッカ、プリンスなど)の防衛に積極的に活用します。基本的にそれ以外には使わないで、いざとなった時の為に取っておくと効果的です。

ライトニングはユニットの削りはもちろん、後半になって1回の出現量が増えるバルーンに対して防衛として使うのも良し、終盤にタワー削りとして使う事も出来るので、場合によってうまく使い分けます。

基本的にこれだけです。

あとは相手のユニットをなるべく早く把握して、相手のどのユニットに自分のデッキのどのカードで防衛するかを決めて立ち回るかが勝利のカギになります。

まとめ

バルーンフェスタは、防衛をどれだけしっかりできるかが、勝敗を大きく左右します。

効率的な立ち回りで流れを作って自分のバルーンにユニットを加えて一気に攻め込み、タワーを削っていきましょう。

今回のデッキは非常におすすめなので、デッキに困ったら是非使ってみてください!

それではまた!!

ゲームスキルが上がらないあなたへ…

クラロワに限らず、様々なゲームでのスキル不足を1度は経験したことがあるはず。

大丈夫、私もその1人です。笑

そんなあなたへ、ゲームスキルが上達するおすすめサイトを紹介しているので是非チェックしてみてね!

ゲームが上達しない人必見!ゲームスキルが上がるおすすめサイト2選

タイトルとURLをコピーしました